PURPOSE


1, The purpose of the Foundation is to promote peace in the world.

 

2, To achieve its purpose the Foundation organizes Borbone Royal Banquet Concerts in cooperation with local organizers in the hosting country.

 

3, Borbone Royal Banquet Concerts promote peace in the world by Prince Maestro Junsuke’s piano performance of Tchaikovsky, 44th Grand Duke Volkov's and 153rd Grand Duke Borbone's brother love, and by 152nd Grand Duchess Borbone’s mother love, to Prince Junsuke.

 

4, The Foundation offers invitations to attend the Borbone Royal Banquet Concert to individuals and organizations who give donations to support New Royal Diplomacy for peace in the world.

 

5, The donations are used to enable and expand the Foundation’s work for peace in the world, and to cover all the expenses involved in the work for peace in any country of the world.

This means that the donations are used to cover expenses that come from visiting a host country, expenses from arranging Borbone Royal Banquet Concerts in a host country, expenses pertaining to all meetings, events and other kinds of preparations that are necessary for organizing the Borbone Royal Banquet Concerts in an existing host country.

The donations are also used to cover the expenses that come from promoting peace in the world and planning a Borbone Royal Banquet Concert in a potentially new host country.

1.国際公益機構プリンス・ジュンスケ平和財団(財団)は、平和的王室外交(王室外交)による平和の創生を目的とする。

 

2.財団は、イタリア・ロシア両国王室帝室外交復活記念国家事業として、イタリア・ロシア両国と関係各国で閣議決定と国会承認された、国際公益機構共同設立条約に基づく。

 

3.財団は、ブルボーネ宮中晩餐会コンサートを開催し、プリンス・ジュンスケのチャイコフスキーの演奏、ロシア国ヴォルコフ大公とイタリア国ブルボーネ大公からの兄弟の愛、そして先代イタリア国ブルボーネ大公妃からの母親の愛の理念を基本とした王室外交を展開し、平和を創生する。

 

4.財団は、王室外交の理念に賛同し、平和の創生のためにその展開を協力する全ての各国政府・非政府組織・公的及び私的機関・公人及び私人のあらゆる対象に、ブルボーネ宮中晩餐会コンサートの招待状を発行する。

 

5.財団は、平和の創生を目的とした王室外交を展開するための諸経費に、各国政府・非政府組織・公的及び私的機関・公人及び私人のあらゆる対象からの寄付金を、それに充てることができる。

諸経費とは、王室外交を展開するため、またブルボーネ宮中晩餐会コンサートを開催するために必要な訪問・視察・会談・懇談・会議・準備等、あらゆる活動の経費を意味する。

各国は、プリンス・ジュンスケ、ロシア国ヴォルコフ大公、イタリア国ブルボーネ大公等を閣議決定して迎賓する際、国家予算を超えるものは寄付金を充てることができる。

余剰金は、各国が王室外交のために支出する国家予算と国庫に奉納し、次回王室外交展開時に繰り越しすることができる。

 以上を、閣議決定と国会承認した該当国に国務訪問を行う。